クレジットカードとは?基礎知識

プレミアムカード?ゴールドカード、ブラックカードってなに?クレジットカードのグレードについて

同じクレジットカード会社が発行するクレジットカードであっても、
グレードによってサービスや保険の内容、年会費などが変わってきます。


クレジットカードはグレードにより、保険の補償の厚さやサービスの充実度が違うのです。


一般的には

risusu.png
「一般・クラシックカード」


「ゴールドカード」


「プラチナカード」


「ブラックカード」


に分類されることが多くなっています。


カードのグレードによる、サービスや補償内容の違いを解説します。


一般カード


一般カード(クラシックカード・基本カード)とは、
クレジットカード各社が発行するクレジットカードの中で最もベーシックなカードを指します。
年会費は一般に2,000円くらいまでで、年会費を無料としているクレジットカード会社も多いです。
このほか、一般カードに付帯保険を付けたりクラスアップを図っているカードもあります。


利用可能額は多くても100万円ほどでカード取得初期は20万円程度が一般的です。
基本的なサービスは付帯されているので、
特別クレジットカードに多くのことを求めない方にとっては
リーズナブルかつ使いやすいカードといえます。


学生カード


学生を対象に発行されるクレジットカード。
年会費は在学中無料となっているケースが多い。

ほとんどの機能やサービスは一般カードとおなじで、
卒業後は自動的に一般カードへと切り替えられるケースが多いがようです。

一部のカードでは学生時期のみで、社会人になった後は別に審査を行うクレジットカード会社もあります。


ヤングゴールドカード


ヤングゴールドカードとは、一般カードとゴールドカードの中間的存在といえるクレジットカード。
将来のゴールドカード会員候補であるヤングエグゼクティブを対象に
発行されているワンランク上のカードです。
ゴールドカードの発行条件等を多少緩めたもので20代限定発行など
制限を設けているクレジットカード会社も多いいようです。

3,000円前後の年会費が主流のようです。


ゴールドカード


ゴールドカードとは、券面が一般に金色をしているクレジットカード。
年会費は概ね1~2万円前後が主流。


一般カードよりも利用限度額が大きいため、その分審査は厳しい傾向にあります。
審査において一般にある程度の属性が必要なケースが多く、年齢制限がある場合もある。


ゴールドカード保有者は、空港ラウンジサービスなどの
一般カードと比較してかなり手厚いサービスを受けることができるほか、
ポイントサービスなども一般カードよりも良い条件で特典を設けている場合もあります。


プラチナカード


プラチナカードは、ゴールドカードのワンランクに位置するステイタスカードです。
クレジットカード会社が当カード会社が利用実績などから
上客と判断した人にのみ発行されるクレジットカードで年会費は5~8万円前後が主流。


基本的にカード希望者が直接申し込むことはできず、
クレジットカード会社からインビテーションが送られてきた場合のみ、入会することができます。


ブラックカード


ブラックカードとは、ほとんど発行されておらず一般に見る機会がないことから幻のカードとも言われています。
年会費は10~30万円前後。


このクラスのクレジットカードを持つ人は日本国内では少なく、
実際ブラックカードを取得するにはかなりのクレジットヒストリーと高属性が必要なようです。


クレジットカードとは?基礎知識

 

目的別カード選び

 

クレジットカードのメリット・デメリット

 

手数料・会費・支払いについて

 

審査・申し込みについて

 

クレジットカードの保険とは?

 

クレジットカードの疑問

 

クレジットカードの豆知識

 

手数料で比較