クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのトラブルとは?意外と身近なフィッシング詐欺・スキミングなどのクレジットカード被害  

年々、手口が巧妙になっているクレジットカード犯罪


クレジットカードを無断使用され請求書を見てビックリする・・・。
そんな話をテレビや新聞で見たり聞いたりした事があるかと思います。
cg001c-s-jpg (2).jpg

クレジットカードの犯罪は、完璧に防ぐことは不可能なほど巧妙化してきています。


クレジットカードを所持、利用するのであれば、
被害に遭わない為にも、クレジットカードに関する犯罪情報を知っておくことは重要でしょう。
普段の注意と万が一の対策をしっかりとすれば、
もしものとき被害を最小限に抑えられるかも知れません。

クレジットカード犯罪は色々ありますが、最近よく耳にする犯罪を紹介します!!


クレジットカード盗難(車上狙いetc)


名前の通り、カード自体を盗まれるということです。


スキミング


この犯罪はそのカードの磁気に記録されているデータ(会員番号や口座番号など)を、カード情報を読み取る機能を持ったスキマー(スキミングマシンとも言う)という装置により盗み取ることで、まったく同じ情報を持つカードを複製するといった手口です。


ワイヤータッピング


クレジットカード利用時にカード会社と店との間で決済可能かどうかの通信があります。
その通信を盗聴してクレジットカードデータを盗みその情報で偽造カードを作るといった手口です。


フィッシング詐欺


銀行等の企業を装ってメールを送り、メールの受信者に、実在する企業の偽ホームページにアクセスさせて、そのページにおいてクレジットカード番号やID・パスワード等を入力させるなどして、不正に個人情報等を入手する手口です。


クレジットマスター


クレジットカードの番号の規則性を悪用し、カード番号にある計算を加えて他人のカード番号を割り出す手口です。
カード番号の仕組み自体を悪用して勝手に番号を割り出されるため、スキミングやフィッシングと異なり被害の防ぎようがないとされています。


ショルダーハッキング


他人がパスワードや暗証番号を入力しているところを、肩越しに盗み見ること。


債権譲渡を騙る金融詐欺


第三者から、ある日突然「お悔やみ電報」や「電話」で「クレジット会社から債権譲渡された(あるいは買い取った)ので○○万円を支払え(あるいは振り込め)」
という嘘の連絡をして、金銭を騙し取る詐欺の手口です。クレジット会社では、このような者に対して債権を譲渡したり、取立てを委託 することはありません。


なりすまし


他人の名前や生年月日・社会保険番号を盗み本人に成りすまし、銀行から融資を受けたり、クレジットカードを作るなどして現金を騙し取るといった手口です。


ブランコスリ


「ブランコスリ」とは、飲食店などで椅子やハンガーなどにかけた上着、バッグ類を狙ったスリの手口です。
飲食や会話に集中している隙に、上着のポケットに入った財布を抜き取られ、カードをスキミングされていた......というような事件も数多く起こっています。

それぞれ、年々手口が巧妙になってきていますのでご注意下さい。


クレジットカードとは?基礎知識

 

目的別カード選び

 

クレジットカードのメリット・デメリット

 

手数料・会費・支払いについて

 

審査・申し込みについて

 

クレジットカードの保険とは?

 

クレジットカードの疑問

 

クレジットカードの豆知識

 

手数料で比較