審査・申し込みについて

クレジットカードが作れない・・・。なぜ?クレカが発行できない理由とは?

risu.jpg

特に思い当たるフシがないのにクレジットカードの審査に通らなかった・・・。
そんなことになっている人はいませんか?

クレジットカードが発行されないのに多い原因を紹介します!!

原因は大きく分けて3つ


1、申込み書の記入に不備があった(記入漏れがある・正確でない)
2、一定の基準点に達しない
3、多重債務や支払い延滞の履歴がある


記入(入力)漏れ・電話番号間違い・誤字脱字といった
申込書の不備があることが一番多い原因であるといわれています。


書類で審査を行うのに空欄・間違った内容では評価のしようがありません。
また誤字脱字だらけでは性格を疑わざるを得ません。


クレジットカードの審査においては申込者本人が
実在する人物であるかどうか
が一番重要なポイントです。
それなのに電話番号間違いなどは本人確認の連絡をとることができないため
問題外といえるでしょう。


申込書は丁寧に、正確に記入することが大切です。


次に多いのは2の一定の基準点に達しないということ。


クレジットカード会社によって基準点は異なりますが、
よほど自分のステージに合わないカードに申し込まない限り、
審査に落ちるということは少ないでしょう。


クレジットカード会社においてほぼ共通していえる基準として、
年収・勤務年数・居住年数の3つはそれぞれ最低ラインを設けており、
そのどれか1つでも最低ラインに達しない時点で
他の評価が高くてもスコアリングで審査を落とされる可能性が高くなります。
この3つのどれかが原因で審査に通らない人が多いというのが現実です。
 
 
 
そしてクレジットカードを使ったりショッピングローンを組んだりすると、
その利用データは一定期間、個人信用情報機関に登録されます。


主に氏名・生年月日・住所・取引の種類・支払い状況などの情報が登録され、
クレジットカード会社はクレジットカード申込み者のこれら信用情報を照会し、
審査の重要な判断材料として利用します。


遅延や多重債務があると信用性は無いと判断されてカードが作れなくなる可能性が極めて高いといえます。


申込み者が既に他の金融機関から借入れをし、その借入れ額が返済能力の限界に達している場合。


平均的な指標ですが、総借入額は年収の50%が限界と考えられています。
年収500万円の人が既に自動車ローンなどで250万円以上の借入れをしている場合は
残念ながら審査は通らない可能性が高くなっしまいます。


過去のクレジット利用歴の中で何度も支払いの遅れがある場合。


特に1ヶ月以上の支払い延滞は個人信用情報機関に記録され、
クレジットカード会社からの照会時に判明するので、
どこのクレジットカード会社に申込みをしてもマイナス評価となる。


また、1ヶ月以上の支払い延滞が3回以上ある(過去にあった)場合は、
支払いが困難な状況と判断され大きく審査に影響するでしょう


*関連記事*
2.gifクレジットカード申し込み・作成に必要な条件とは?
2.gif誰もが持てるデビットカード!!クレジットカードがダメならデビットカード


クレジットカードとは?基礎知識

 

目的別カード選び

 

クレジットカードのメリット・デメリット

 

手数料・会費・支払いについて

 

審査・申し込みについて

 

クレジットカードの保険とは?

 

クレジットカードの疑問

 

クレジットカードの豆知識

 

手数料で比較