クレジットカードの豆知識

クレジットカード会社が照会する個人信用情報機関とは?


信用情報機関とは、クレジットカードの申込みの際
他のクレカの利用状況や過去に延滞などの事故がないかを、調べるために設けられた機関です。


なぜそんな機関が必要かというと・・・?


クレジットカード会社は、申込書に記入された事項だけでは、
この人にカードを発行しても大丈夫!!とはいいきれません。


なのでそれを裏付けるために正確な個人情報が必要になります。


このとき利用するのが、信用情報機関の顧客情報や債務情報です。
カードの申込みがあったときは、この信用情報機関のデータを照会してカード発行の判断をします。


信用情報機関に登録されている情報は、


・氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの顧客情報


・過去の利用履歴、返済金額や返済日などの債務情報


・過去の延納や滞納などの事故情報


があります。


カード申込者が、他社のクレジットカードやキャッシングカードを利用していても、
収入に見合った借入れであったり、きちんと返済されていれば問題ありません。


しかし、延納、滞納を何度も繰り返してるなど、事故があったりすると
信用情報機関にその記録が登録され、カード発行がしにくくなります。
 
 
 
 

<代表的な信用情報機関>


(株)シー・アイ・シー(CIC)


CIC.png


http://www.cic.co.jp/


日本クレジット産業協会、全国信販協会、日本信用情報センターが共同で設立した信用情報機関です。
銀行系を除く、流通系、信販会社、メーカー系のクレジットカード会社が加盟しています。
 
 
 
 


全国銀行個人信用情報センター(全銀協=JBA)


JBA.png


http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/


銀行と、銀行の関連会社である銀行系クレジット会社、銀行系信用保証会社、信用金庫、農業協同組合、労働金庫などが加盟しています。
 
 
 
 


(株)日本信用情報機構 (JICC)


jicc.png


http://www.jicc.co.jp/


平成21年8月に、全業種横断型信用情報機関である株式会社シーシービーとの経営統合を経て
国内で唯一全業態を網羅する国内で最大規模の信用情報機関の基盤を確立。
 
 
 
 
これらの機関の個人情報は、加盟している会員のみが利用でき、
カード審査以外で利用されることはありません。


ただし、自分の個人情報を確認したいときは、所定の手続きをすれば、
登録されている個人情報を知らせてくれます。


クレジットカードとは?基礎知識

 

目的別カード選び

 

クレジットカードのメリット・デメリット

 

手数料・会費・支払いについて

 

審査・申し込みについて

 

クレジットカードの保険とは?

 

クレジットカードの疑問

 

クレジットカードの豆知識

 

手数料で比較