クレジットカードの豆知識

改正貸金業法のクレジットカード利用への影響は?総量規制ってなに?

総量規制とは?

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことです。
(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)


総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」です。
法人向けの貸付けと保証については対象ではありません。


カード会員から新たな貸付けの申し込みを受けた場合、
カード会社は指定信用情報機関が保有している個人信用情報で
他のカード会社などからの借入残高を調べることができます。


また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、
(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)
あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、
収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。
(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)


また、総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります
除外の貸付けとは、総量規制の対象とならない貸付けです。


住宅ローン、自動車ローンなどは、同じ貸付けの残高としてあっても
総量規制の貸付残高には含まれません。


例外の貸付けは、除外とは違います。
貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、
その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。


例えば年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、
これですでに3分の1となりますが、
緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、
これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。これが例外の貸付けにあたります。


*関連記事*
2.gifクレジットカードに関する公的機関
2.gifクレジットカードが作れない・・・。なぜ?


クレジットカードとは?基礎知識

 

目的別カード選び

 

クレジットカードのメリット・デメリット

 

手数料・会費・支払いについて

 

審査・申し込みについて

 

クレジットカードの保険とは?

 

クレジットカードの疑問

 

クレジットカードの豆知識

 

手数料で比較